ホジペディア

ブリブリー百科事典

化粧品CM戦争キャンペーンソング比較年表

出典: ブリブリー百科事典『ホジペディア(Hojipedia)』


化粧品CM戦争キャンペーンソング比較年表(けしょうひんシーエムせんそうキャンペーンソングひかくねんぴょう)は、1970年代後半から昭和末期までの日本化粧品会社によるシーズンキャンペーンCMソングを時系列で並べた年表である。


表の見方

年(季節) 企業
19xx春  歌手曲名

モデルキャッチコピー」(曲名と一文字でも異なる場合のみ記載)
文字の色について Wikipediaに項目がある場合は青いリンク、ない場合は赤リンク。ただし、リンク先は一部を除き「はてなブログ タグ」

戦前

1960年代は専属作曲家の櫻井順らがCMソングの制作を担当した。


年(季節) 資生堂 カネボウ マックスファクター
1971 ジョーン・シェパードサマー・クリエーション(夏の日の出逢い)
1974春 小坂忠赤い花みつけた』(資生堂CMソング初のレコード化)

宇佐美恵子「赤い花 みつけた?」
- -
1975春 りりィ春早期

マイティ・ルエラン「彼女はフレッシュジュース」
- -
1975夏 中本マリ触れてごらん青い風に

江崎かつみ
- -
1975夏 中本マリ『描いてごらん海の色で

マージー・ホワイトアグネス・ラム
- -
1975秋 - アラン・シャンフォーフランス語版Bonjourお目、目さん。 -

戦争前夜

年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1976春 りりィ『オレンジ村から春へ

パトリシア・ダムゾン「春のミルキーオレンジ。」
デイヴフランス語版Ginza Redウィ・ウィ

モ-ディ・ジェームス「Ginza Redウィ ウィ」
ハイファイセットオー!ナイスフィット

杉本エマ
1976夏 なし

マリー・アスキュー「南南西の風・色いきる」
ゴダイゴ僕のサラダガール

レジナ・コニーゴ「SALAD GIRL」
井上忠夫真夏のおまえ

杉本エマ「いい日だ。コーセーの夏」「いい日だ。肌色が涼しそう」「いい日だ。君がまぶしい」
1976秋 小椋佳揺れるまなざし

真行寺君枝「ゆれる、まなざし」
グラシェラ・スサーナ黒い瞳はお好き?

マリア・ウエスコット「黒い瞳はお好き? F.サガン」
ハイファイセット『恋のジョリファム

杉本エマ「私はいま恋の中。ジョリファム」
1976冬 ハイファイセット『恋のジョリファム』

コーラ・ヨーカム「お肌 がんばれ ジョリファム」

資生堂カネボウ戦争勃発

年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1977春 尾崎亜美マイピュアレディ

小林麻美
ジュリー・バタイユフランス語版シャンテ、シャンテ、ピンキッシュ

ソフィ・デカン「ピンキッシュくん 春はくちびるあたり」
ペドロ&カプリシャス赤くなれ春になれ

コーラ・ヨーカム「赤くなれ。春になれ。」
1977夏 ダウン・タウン・ブギウギ・バンドサクセス

ティナ・ラッツ「サクセス、サクセス」
ティナ・チャールズ英語版Oh! クッキーフェイス

夏目雅子
ペドロ&カプリシャス『こんどの波は大きいぞ。

コーラ・ヨーカム
1977秋 リー・オスカーデンマーク語版『約束の地』

ローラ川又(マネキン製作は市田喜一)「うれしくてバラ色」(セリフ「女の顔は一つじゃないよ」)
新井満ワインカラーのときめき

古泉まり子「舞踏会のワインカラー」
南佳孝見つめあうのが好き



コーラ・ヨーカム
1977冬 -

テリーサ・ブリックス「肌は冬の輝き」


夏目雅子・古泉まり子・荻奈穂美「試しませんか」
-
年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1978春 南沙織春の予感‐I've been mellow‐

高原美由紀「くちびるにメロウカラー」
塚田三喜夫愛の女王蜂

中井貴恵「女王蜂のくちびる」(映画『女王蜂』とコラボ)
庄野真代きみはプリズム

セーラ・ロウエル
1978夏 矢沢永吉時間よ止まれ

パシフィックガールズ「時間よ止まれ、まぶしい肌に 」
サーカスMr.サマータイム

服部まこ
ピーカブー&ムーン・ドロップスあのこのあだ名はマスカット

五十嵐元子、セーラ・ロウエル
補足パシフィックガールズ(藤田恵弥子土屋名美林秀子堀川まゆみロリアン・レオン
1978秋 堀内孝雄君のひとみは10000ボルト

ルーシー島田
サーカス薄化粧』(未音源化)

沢田知子(カネボウ社員)「ブルーアンヴォーグ-パリは薄化粧」
山県すみこビロード色の午後

セーラ・ロウエル「ビロード色の午後。」
1978冬 南こうせつ夢一夜

小林麻美「素肌美人」「素肌友情」「素肌郷愁」
宮本典子ひとつ年上(クリスタルファンタジー)

夏目雅子「ひとつ年上、冬の肌」
チト河内『エスプリークBGM』

セーラ・ロウエル「お肌へ エスプリーク新発売」

三つ巴・群雄割拠時代

※ CMソングは非売品が多かったコーセーと違い、創業100年を機にポーラがテレビCMに進出してヒット曲を仕掛けてきたことから三つ巴の戦いと呼ばれるようになった。しかし、訪問販売を主とする戦略と合わず短期間で撤退した。

年(季節) 資生堂 カネボウ ポーラ コーセー マックスファクター
1979春 ミシェル・ルグランI'm a lady』(実写映画『ベルサイユのばら』とのコラボ)

カトリオーナ・マッコール「劇的な、劇的な、春です。レッド」
布施明君は薔薇より美しい

オリビア・ハッセー「きみは薔薇より美しい。」
桑江知子私のハートはストップモーション

オフコースリリカルリップ

セーラ・ロウエル
 
1979夏 ツイスト燃えろいい女

小野みゆき「ナツコの夏」
セルジオ・メンデス ブラジル'88『サマーチャンピオン

浅野ゆう子「一気にこの夏チャンピオン」
     
1979秋 柳ジョージ&レイニーウッド微笑の法則

星野真弓(のちに寺尾聡と婚姻)
桑名正博セクシャルバイオレットNo.1

エマ・サムス英語版
  トランザムエスプリーク

セーラ・ロウエル「自分の顔していたい エスプリーク」
ジョーン・シェパード『I LOVE BEING A WOMAN

「I LOVE BEING A WOMAN ー女であることを愛していますー」
1979冬 田島裕子あざやかに生きて

麻田紘子叶和貴子
因幡晃きみはどこまで美しくなるのか

エマ・サムス「天然の感触・水で洗える・10分パック」
  トランザム『エスプリーク』

小関のり子「素肌、しなやかでいておくれ」
 
年(季節) 資生堂 カネボウ ポーラ コーセー
1980春 竹内まりや不思議なピーチパイ

メアリー岩本(マリアン)「ピーチパイ」
渡辺真知子唇よ、熱く君を語れ

松原千明
庄野真代『Hey Lady 優しくなれるかい

南佳孝『クレッセント・ナイト

セーラ・ロウエル「風が染めた唇 リリカルカラー'80」
1980夏 クリスタルキング蜃気楼

田中ちはる「輝け!ナツコSUN」
甲斐バンドビューティフル・エネルギー

荻原佐代子
- 調査中

マリー・クラビントリッシュ・リー「コーセーサマーギャル」
1980秋 加藤和彦おかえりなさい秋のテーマ

ヨアンナ・ディック「おかえりなさい秋」
郷ひろみHow many いい顔

壇ちひろ
松任谷由実星のルージュリアン

?「ルージュリアン ほんのり あざやか 頬と唇
シネマエスプリークセンセーション

セーラ・ロウエル「ファンデーション新時代」
1980冬 内山田洋とクールファイブ魅惑・シェイプアップ

横須賀昌美「乾いたら、水。 素肌シェイプアップ」
加藤登紀子灰色の季節

古手川祐子「素肌、乾燥注意報」「素肌、氷点下注意報」

サンディーI hope so.

キャティ「肌は弱酸」

ポーラ撤退後

※ カネボウ1981年春のキャンペーンソングは大瀧詠一の『君は天然色』に内定していたが、大瀧が歌詞の改変に難色を示したためご破算になった。大滝は同年冬にユニット「ナイアガラ トライアングル」で資生堂キャンペーンソングを担当した。しかし、キャンペーンガールの美雪花代と政治家糸山英太郎の不倫疑惑により10日程度で放映中止となった。

年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1981春 松原みきニートな午後3時

マイティ・ルドント「ニートカラー」
矢野顕子春咲小紅

林元子
くぎ哲朗リップ明快

サンドラ・ビショップ
1981夏 吉田拓郎サマーピープル

マリアン「ひかりとパラソル」
sky君に、クラクラ。

城戸真亜子
アンジュネッツスージー・ウエハラ、サンドラ・ビショップ、ローリー・ロドリゲス)『恋のダディ・オー

サンドラ・ビショップ、ローリー・ロドリゲス「'81 KOSE 2 Way SUMMER」
1981秋 桃井かおりメイク23秒

ナンシー・ナナ「メイク23秒」
ザ・ヴィーナスキッスは目にして!

佐藤美知子「キッスは目にして!(ぽぉ)」(正確には「!」の中に「ぽぉ」の文字)
ボッパーズスウェーデン語版恋のアンブレラ

サンドラ・ビショップ「ここまで優しくニューパウダー」
1981冬 ナイアガラトライアングルA面で恋をして

美雪花代
- なかやまて由希恋のインターバル

サンドラ・ビショップ「肌となって包め、肌のうえで働け」
年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1982春 忌野清志郎坂本龍一い・け・な・いルージュマジック

津島要「口紅マジック」
HOUND DOG浮気な、パレットキャット

小池玉緒
ザ・タイガース色つきの女でいてくれよ

サンドラ・ビショップ、タイガース同窓会「色つき女でいてくれよ」
1982夏 矢沢永吉『LAHAINA

トリー・メンドーサ「夏ダカラ、コウナッタ。」
山下久美子赤道小町ドキッ

夏小町
タケカワユキヒデドキドキ・サマーガール

マリリン・バージニア・リー「拝啓、2ウェイタイム」
1982秋 山根麻以気分はフェアネス

アンジェラ・ハリー英語版
一風堂すみれSeptember Love

ブルック・シールズ
ビートたけしOK!マリアンヌ

マリアンヌ、ビートたけし「ファンデーションは、いま-美粒子」
1982冬 樋口康雄

山咲千里「そのとき、素肌でした」
-

山田五十鈴久野綾希子、松原千明、古手川祐子「素肌、適齢対策してますか」
日野皓正ピラミッド

サンドラ・ビショップ「日本の冬に弱酸のスキンケア」
年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1983春 EPOう、ふ、ふ、ふ、

アンジェラ・ハリー「う、ふ、ふ、ふ、フォギー」
藤村美樹夢・恋・人。

「夢・恋・人。AVA 」
山口美央子恋は春感

マリアンヌ、他「春感口紅」
1983夏 ラッツ&スターめ組のひと

トリー・メンドーサ
YMO君に、胸キュン。

相田寿美緒
大橋純子もんたよしのり夏女ソニア

清原美華
1983秋 原由子恋は、ご多忙申し上げます

アンジェラ・ハリー「公私ご多忙用」
横浜銀蠅おまえに、ピタッ!

夏目雅子「パウダーチェンジピタッ!」
研ナオコ愛、どうじゃ。恋、どうじゃ。

研ナオコ「愛、どうじゃ。恋、どうじゃ。美粒子」
1983冬 -

倍賞美津子「Ms.ニッポン」
-

松原千明、相田寿美緒「素肌チェック祭り」
笠井紀美子LOVE TALK

エリザベス「素肌にイチ、ニ、サン 新シンプルケア」

アイドル起用作戦開始

年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1984春 高見知佳くちびるヌード

アンジェラ・ハリー
松田聖子Rock'n Rouge

松田聖子「バイオ 口紅ピュアピュア」「聖子の口紅」(正式には「聖子の口紅、花染め色 バイオ 口紅ピュアピュア」)
とみたゆう子SECRET LIPS

森田早季桂文珍「くちびるに丸秘リップメイキー」
1984夏 大沢誉志幸その気×××(mistake)

セリナ「この夏その気」
中原めいこ君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。

栗原景子
堀内孝雄&ケインズ(元シグナル)『逆行線

クリスティーン・ノエラニマイ「倍感ソニア」
1984秋 香坂みゆきニュアンスしましょ

アンジェラ・ハリー
松田聖子『ピンクのモーツァルト

松田聖子「聖子のファンデーション」「聖子のバザール」(正式には「素肌を守るバイオシリーズⅡ 聖子のファンデーション」)
JULLANビューズ・オブ・ラブ

ニーナ・マキ・カワサキ「BE術メイク、始まる」
1984冬 薬師丸ひろ子Woman "Wの悲劇"より

「神サマありがとう」薬師丸ひろ子
ハイ・ファイ・セット『星化粧ハレー

沢口靖子
日野皓正グループ『ナイトエンジェル

バニー・マリコ・グロスマン「お肌思いのシンプルズ」
1985春 大貫妙子ベジタブル

ミア・ニグレン「ベジタブルスティック」
ALFEEシンデレラは眠れない

沢口靖子「目も頬も唇もバイオシンデレラ」
JULLAN『ルージュトレイン

ニーナ・マキ・カワサキ「BE紅くっきり口紅」
1985夏 石川セリいろ、なつ、ゆめ

甲田益也子「いろ・なつ・ぬる・ゆめ・ん」
吉川晃司にくまれそうなNEWフェイス

麻生祐未
西城秀樹ミスティー・ブルー

デニース・カンミン「長時間遊び型、NEWソニア」
1985秋 松任谷由実『メトロポリスの片隅で

楠本裕美「水 金 地 火 木 土 天 冥 海」
森山達也Love、かくし色

古手川祐子「祐子のかくし色」
石川秀美愛の呪文

石川秀美「新粒子ファンデーション ミクロタッチ」
1985冬 なし 白井貴子プリンセスTIFFA

麻生祐未「気まぐれ肌に、簡単スキンケア」
-

樋口可南子「うるおいのサイエンス。アブニール」

アイドル四天王時代

年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1986春 中山美穂色・ホワイトブレンド

中山美穂
岡田有希子くちびるNetwork

沢口靖子「プロ感度BIOカラーネットワーク」
ポータブル・ロック(ボーカルは野宮真貴)『春して、恋して キスして、見つめて

サリー・チャン「ミスティフェイス」
1986夏 KUWATA BANDBAN BAN BAN

エレン・ミモリ「肌呼吸」
中村あゆみちょっとやそっとじゃCAN'T GET LOVE

鈴木保奈美「ちょっとや そっとじゃ くずれない。」
山本達彦密会のHigh Noon

デビー・ジーン・デイリー「UPで見たい君。ソニア」
1986秋 中山美穂『ツイてるねノッてるね

中山美穂「ツイてる ノッてる
国生さゆりノーブルレッドの瞬間

国生さゆり「ノーブルレッドはんなり」
-

樋口可南子「ファインメイク」
1986冬 なし なし -

樋口可南子「ひとりひとりの肌サイエンス」
年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1987春 小林明子くちびるスウィング

桐島かれん
小泉今日子水のルージュ

小泉今日子「水のルージュ。」
種ともこないしょLove Call

樋口可南子「キリッと発色。ないしょでうるおい。」
1987夏 早瀬優香子椿姫の夏

春田紀尾井「センサー式ファンデーションの夏」
CLAXONくずせるものなら、くずしてごらん。~微熱少年のテーマ~

西山由美「くずせるものなら、くずしてごらん。」
網浜直子夏は目の毒 恋の毒

由姫「夏の絶対感覚。ソニア」
1987秋 -

中川安奈「アイメーク ちょっとクラシックかなりロマンチック」
ピーター・セテラSTAY WITH ME song for KA・GU・YA・姫』(映画『竹取物語』とコラボ)

沢口靖子「KA・GU・YA・姫。ひと筆、100の色あそび」
早見優Tokio Express

早見優「変身粒子」
1987冬 なし -

麻生祐未「メイクがさえる。朝の10秒エッセンス」
-

森尾由美「うるおい呼吸」


1988年9月に昭和天皇の容体が悪化。自粛ムードが高まったことでイベントなどの中止が相次ぎ、年末の日本歌謡大賞の開催中止が決定した。(翌年以降も再開せず廃止となった)

年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1988春 ZUMA BAND恋のライブリップ

今井美樹「ほら、似合う ライブリップの赤」「ほら、水が生きている ライブリップのうるおい」
南野陽子吐息でネット。

南野陽子
 
1988夏 プリンセス プリンセスGO AWAY BOY

土屋里織「夏だ!フェアウィンド」
浅香唯C-Girl

浅香唯
早見優『GET UP

早見優「あたりまえを超える、夏。」
1988秋 今井美樹『彼女とTIP ON DUO

今井美樹「技ありイッポン、新アイシャドー!」
工藤静香MUGO・ん…色っぽい

工藤静香「眉とシャドウ。ん、色っぽい。」
早見優『MIDNIGHT BEIGE

早見優「すーっとのびる、しっとりのびる のびの良さがニュースです」
1988冬 なし -

麻生祐未「お肌のつっぱり感がとれる、海藻エキス配合のティファアルゲ」
-

河見真枝「光でお肌が年とるなんて」

終戦

年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1989春 中山美穂『ROSÉCOLOR

中山美穂「あぶないぬくもり、ロゼカラー」
稲垣潤一セブンティ・カラーズ・ガール

鈴木保奈美「欲しい色 きっと 見つかる」「バザールに、乾杯」
杉真理夢みるQUEST

井森美幸「ひときわローズ」
1989夏 ジプシー・キングスニーニャ・モレーナ

宮崎萬純「さらりがよろしい」「やかない夏」
浜田麻里Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。

大塚寧々「化粧なおし、しない、しない、ナツ。」
早見優『BEAT LOVER

早見優「紫外線、ダブルでブロック」
1989秋 -

工藤美笛「レシェンテのラズベリーレッド」
氷室京介MISTY〜微妙に〜

麻生祐未「微妙なタッチ。」
杉真理『恋するQUEST

井森美幸「しっとりなのにさらさら、リキッド。」
1989冬 なし -

鈴木保奈美「保湿ファンデーション」
-

「肌の意識がかわります」
年(季節) 資生堂 カネボウ コーセー
1990春 -

宮沢りえ「オランジェ・デ・キドル」
スターダスト☆レビュー君のキャトル・ヴァン・ディス

ジュリー・ドレフュス「くちびる90年色。」
タイムファイブ『プリンセスレッド』

井森美幸
1990夏 なし 栗林誠一郎「トレンドは白」のテーマ(白いMY LOVE)

鈴木保奈美「トレンドは白」
角松敏生PARASAIL〜シュールホワイトのテーマ〜

清水美砂「ホワイト効果もファンデーションの実力です」
1990秋 -

宮沢りえ「レディブラウンを探せ」
-

斉藤有紀子「ジュエリー効果のメイクアップ GOLD'90」
ヤンコルベーグ鏡の中のイメージ

井森美幸「リキッドインパクト」

関連人物

資生堂 カネボウ
大森昭男(CM音楽プロデューサー) 『春早朝』『オレンジ村から春へ』『サクセス』『時間よ止まれ』『夢一夜』『君のひとみは10000ボルト』 『春咲小紅』
資生堂
土屋耕一(コピーライター。1960年まで資生堂宣伝文化部) 「サクセス、サクセス」「君のひとみは10000ボルト」「ピーチパイ」「A面で恋をして」
小野田隆雄(コピーライター。1983年まで資生堂宣伝文化部) 「赤い花 みつけた?」「彼女はフレッシュジュース」「ゆれる、まなざし」「時間よ止まれ、くちびるに。」「素肌美人」「素肌友情」「素肌郷愁」「ナツコの夏」「め組のひと」
内田今朝雄(コピーライター、クリエイティブディレクター)
(資生堂宣伝文化部)
「時間よ止まれ、まぶしい肌に 」
カネボウ
増田良夫(電通クリエイティブディレクター)
「黒い瞳はお好き? F・サガン」「きみは薔薇より美しい。」
コーセー
吉田慶子(コピーライター) 「赤くなれ。春になれ。」「こんどの波は大きいぞ。」
植松二郎(コピーライター。日本デザインセンター) 「あのこのあだ名はマスカット」
カネボウ
糸井重里(コピーライター) 「春咲小紅」
資生堂
市田喜一(造形作家、美術デザイナー) 1977秋のCM用にローラ川又そっくりのマネキンを製作


カテゴリ音楽の一覧 | 化粧品のコマーシャルソング | 資生堂のコマーシャルソング | カネボウ化粧品のコマーシャルソング | コーセーのコマーシャルソング | CM | 1970年代の日本 | 1980年代の日本 | 日本の女性モデル | 日本の女性アイドル | 広告制作関係者 | 日本の歌手 | 日本のシンガーソングライター | 文化の年表 | 音楽史 | 音楽のムーブメント