ホジペディア

ブリブリー百科事典

1980年代の演歌のヒット曲一覧

出典: ブリブリー百科事典『ホジペディア(Hojipedia)』

 

1980年代の演歌のヒット曲一覧(1980ねんだいのえんかのヒットきょくいちらん)は、1980年代(昭和55年〜平成元年)にヒットしたあるいは発売された演歌ムード歌謡楽曲の一覧である。

 

ヒット曲ではない話題曲・主題歌や演歌寄りの歌謡曲演歌歌手によるポップスも対象とする(基準が難しいため選曲は筆者の独断と偏見による)

 

※発売日順に記載するためヒットした時期とはずれが生じる。

 

1972年発売

* 原みつるとシャネル・ファイブ港の五番町』(1972年9月、 1988年に五木ひろし盤がヒット)

* チョー・ヨンピル釜山港へ帰れ』(1972年アルバム曲、1979年シングル、1982年9月日本発売、ヒットは1983年)

 

1976年発売

* ちあきなおみ矢切の渡し』(1976年10月B面、1982年10月A面)

 

1977年発売

* 佳山明生氷雨』(1977年12月、ヒットは1983年)

 

1979年発売

* 小林幸子おもいで酒』(1979年1月)

* 村木賢吉おやじの海』(1972年、1979年2月再発売、翌80年に掛けてヒット)

* 石原裕次郎ブランデーグラス』(1977年、1979年4月再発売、ヒットは1981年)

* 八代亜紀舟唄』(1979年5月)

* 敏いとうとハッピー&ブルーよせばいいのに』(1979年6月)

* ロス・インディオス&シルヴィア別れても好きな人』(1979年9月)

* 真木ひでと雨の東京』(1979年9月)

* 五木ひろしおまえとふたり』(1979年10月)

* バラクーダ日本全国酒飲み音頭』(1979年12月)

演歌歌手にカバーされた楽曲

* 欧陽菲菲ラヴ・イズ・オーヴァー』(1979年7月B面、1980年7月A面、1982年9月別アレンジ再発、1983年夏ヒット)

* アリス秋止符』(1979年12月、1992年にアイドル時代のみずき舞(当時の芸名は細江真由子)がシングル発売)

 

1980年発売

* 小林幸子とまり木』(1980年1月)

発売)

* 都はるみ大阪しぐれ』(1980年2月)

* 五木ひろし『倖せさがして』(1980年3月)

* 川中美幸ふたり酒』(1980年3月)

* 松村和子帰ってこいよ』(1980年4月)

* 八代亜紀『雨の慕情』(1980年4月)

* 大塚文雄ドンデラ音頭 調子出てますか』(1980年4月)※アニメ『ずっこけナイトドンデラマンチャ』主題歌

* 竜鉄也奥飛騨慕情』(1980年6月、ヒットは1981年)

* 山本譲二みちのくひとり旅』(1980年8月)

* 五木ひろし『ふたりの夜明け』(1980年8月)

* 北島三郎風雪ながれ旅』(1980年9月)

* 小林幸子『あれから一年たちました』(1980年9月)

* 内山田洋とクールファイブ魅惑・シェイプアップ』(1980年9月)

* 中山丈二秋冬』(1980年自主制作盤、1984年に競作でヒット)

 

演歌歌手にカバーされた楽曲

* 谷村新司』(1980年4月)

* 五輪真弓恋人よ』(1980年8月)

 

1981年発売

* 山川豊函館本線』(1981年2月)

* 川中美幸『ふたりぐらし』(1981年2月)

* 五木ひろし『港・ひとり唄』(1981年3月)

* ニック・ニューササチコ』(1981年6月)

* 森昌子哀しみ本線日本海』(1981年7月)

* 祐子と弥生父さん』(1981年7月)

* 小山茉美コロムビアゆりかご会アラレちゃん音頭』(1981年7月)

* 五木ひろし『人生かくれんぼ』(1981年8月)

* 川中美幸『あなたひとすじ』(1981年8月)

* 千昌夫望郷酒場』(1981年9月)

* 木村友衛浪花節だよ人生は』(時期不明、1984年ヒット後に再発売)

 


1982年発売

* 山本譲二『旅の終りはお前』(1982年1月)

* 松居直美電話のむこうに故郷が』(1982年2月)

* 細川たかし北酒場』(1982年3月、日本レコード大賞受賞)

* 五木ひろし『愛しつづけるボレロ』(1982年3月)

* 美空ひばり裏町酒場』(1982年5月)

* 五木ひろし・木の実ナナ居酒屋』(1982年6月)

* 五木ひろし『契り』(1982年7月)

* 大川栄策さざんかの宿』(1982年8月)

* ヒロシ&キーボー『3年目の浮気』(1982年8月)

* 鳥羽一郎兄弟船』(1982年8月)

* 川中美幸『越前岬』(1982年8月発売)

* 琴風豪規まわり道』(1982年10月)

* 森進一冬のリヴィエラ』(1982年11月)

* 梅沢富美男夢芝居』(1982年11月、ヒットは1983年秋)

* 金沢明子イエロー・サブマリン音頭』(1982年11月)

* 日野美歌『氷雨』(1982年12月)

* 門脇陸男祝い船』(1982年発売月不明)

* スラップスティック白石冬美クックロビン音頭』(1982年発売月不明)

* 北島三郎『北風小僧の寒太郎』(1982年『みんなのうた』)※オリジナルは堺正章(1974年)

 

演歌歌手にカバーされた楽曲

* 岩崎宏美聖母たちのララバイ』(1982年5月発売)


1983年発売

* 金沢明子タケちゃんマン音頭』(1983年1月)

* 細川たかし『矢切の渡し』(1983年2月、日本レコード大賞受賞)

* ヒロシ&キーボー『5年目の破局』(1983年3月)

* 松居直美『微妙なとこネ』(1983年3月)

* 森進一『紐育物語』(1983年4月)

* 柳沢純子あなたに片想い』(1983年4月)

* 都はるみ・岡千秋浪花恋しぐれ』(1983年5月)

* 大川栄策『恋吹雪』(1983年6月)

小柳ルミ子お久しぶりね』(1983年7月)

* 森昌子『越冬つばめ』(1983年8月)

* 大月みやこ女の港』(1983年8月)

* 小野さとるよこはまチャチャ』(1983年8月)

* 五木ひろし『細雪』(1983年9月)

* 渥美二郎『釜山港へ帰れ』(1983年9月)

* 原大輔『秋冬』(1983年10月)

* 三ツ木清隆『秋冬』(1983年12月)

 

演歌歌手にカバーされた楽曲

* チェッカーズギザギザハートの子守唄』(1983年9月)



1984年発売

* テレサ・テンつぐない』(1984年1月)

* 高田みづえ『秋冬』(1984年1月)

* 芦屋雁之助娘よ』(1984年2月)

* 千昌夫『津軽平野』(1984年3月)

* 五木ひろし『長良川艶歌』(1984年4月)

* 小林幸子・美樹克彦『もしかして PARTII』(1984年7月)

* 細川たかし『浪花節だよ人生は』(1984年8月)

* 森進一『北の螢』(1984年8月)

* 内山田洋とクールファイブ『恋さぐり夢さぐり』(1984年8月)

* 都はるみ『夫婦坂』(1984年9月、紅白歌合戦大トリ、引退後の翌年にヒット)

* 北島三郎『まつり』(1984年11月)

* 吉幾三俺ら東京さ行ぐだ』(1984年11月)

 

演歌歌手にカバーされた楽曲

* 加藤登紀子難破船』(1984年12月)


1985年発売

* テレサ・テン『愛人』(1985年2月)

* 神野美伽男船』(1985年2月)

* 五木ひろし『そして…めぐり逢い』(1985年4月)

* 千昌夫『あんた』(1985年4月)

* 桂銀淑大阪暮色』(1985年7月)

* 石川さゆり『波止場しぐれ』(1985年7月)

* 細川たかし『望郷じょんから』(1985年8月)

* ジャッキー・チェンTOKYO SATURDAY NIGHT』(1985年8月)

* とんねるず雨の西麻布』(1985年9月)

* 原田悠里木曽路の女』(1985年9月発売)

* 吉幾三『ゲゲゲの鬼太郎』(1985年10月)

* 小林旭熱き心に』(1985年11月)

* 天童よしみ道頓堀人情』(1985年12月)

* バラクーダ『演歌・血液ガッタガタ』(1985年発売月不明)


1986年発売

* とんねるず『歌謡曲』(1986年1月)

* やや夜霧のハウスマヌカン』(1986年1月)

* テレサ・テン『時の流れに身をまかせ』(1986年2月)

* 吉幾三『雪國』(1986年2月)

* 瀬川瑛子命くれない』(1986年3月、1987年〜1988年にヒット)

* 段田男玄界灘』(1986年3月)

* 美空ひばり『愛燦燦』(1986年5月)

キム・ヨンジャ朝の国から』(1986年5月韓国語盤、1988年日本語盤)

* 北島三郎『北の漁場』(1986年6月)

* 五木ひろし『浪花盃』(1986年6月)

* 城之内早苗あじさい橋』(1986年6月)

* 石川さゆり天城越え』(1986年7月)

* 尾形大作無錫旅情』(1986年9月)

* チョー・ヨンピル『想いで迷子』(1986年9月、本格的ヒットは1988年)

* 片岡鶴太郎IEKI吐くまで』(1986年9月)

* 堀内孝雄愛しき日々』(1986年10月)

* とんねるず『人情岬』(1986年10月)

* 城之内早苗『流氷の手紙』(1986年11月)

* 日野美歌・葵司朗『男と女のラブゲーム』(1986年12月)

 

演歌歌手にカバーされた楽曲

* やしきたかじんやっぱ好きやねん』(1986年9月)

* 中森明菜』(1986年12月)


1987年発売

* 石川さゆり『夫婦善哉』(1987年2月)

* 坂本冬美あばれ太鼓』(1987年3月)

* 島倉千代子人生いろいろ』(1987年4月)

* 桂銀淑『すずめの涙』(1987年4月)

* 五木ひろし『追憶』(1987年4月)

* 石原裕次郎『わが人生に悔いなし』(1987年4月)

* 大月みやこ『女の駅』(1987年4月)

* ロス・プリモスラブユー貧乏』(1987年4月)

* 小林幸子『雪椿』(1987年6月)

* テレサ・テン『別れの予感』(1987年6月)

* 武山あきよ白鳥の歌が聴こえますか』(1987年7月)

* 石原裕次郎『北の旅人』(1987年8月)

* 高田暢彦川崎徹私・湘南マタンゴ娘』(1987年8月)

* 大竹しのぶかまっておんど』(1987年8月)

* 武田鉄矢芦川よしみ男と女のはしご酒』(1987年11月)

* 浜圭介・桂銀淑『北空港』(1987年11月)

* 美空ひばり『みだれ髪』(1987年12月)

 

演歌歌手にカバーされた楽曲

* とんねるず『迷惑でしょうが…』(1987年4月、同年五木ひろしがアルバムでカバー)

* 加藤登紀子『百万本のバラ』(1987年4月)

* 中森明菜『難破船』(1987年9月、オリジナルは加藤登紀子)

* 竹内まりや『駅』(1987年11月、中森明菜提供曲のセルフカバー


1988年発売

* 細川たかし『北緯五十度』(1988年2月)

* 瀬川瑛子『憂き世川』(1988年2月)

* 大月みやこ『乱れ花』(1988年3月)

* 細川たかし『正調 おそ松節』『おそ松くん音頭』(1988年3月)

* 坂本冬美『祝い酒』(1988年4月)

* 香西かおり雨酒場』(1988年5月)

* 大和さくら王将一代 小春しぐれ』(1988年5月)

* 石川さゆり『滝の白糸』(1988年6月)

* 桂銀淑『夢おんな』(1988年7月)

* 半田浩二済州エア・ポート』(1988年7月)

* 吉幾三『酒よ』(1988年9月)

* 五木ひろし『港の五番町』(1988年9月)※原みつるとシャネル・ファイブのカバー。

* ちあきなおみ『紅とんぼ』(1988年10月)


1989年発売

* 美空ひばり『川の流れのように』(1989年1月)

* マルシアふりむけばヨコハマ』(1989年1月)

* 坂本冬美『男の情話』(1989年3月)

* 桂銀淑『酔いどれて』(1989年4月)

麻生詩織恋唄綴り』(1989年5月)※ 1990年堀内孝雄のセルフカバー盤がレコード大賞・日本歌謡大賞・日本有線大賞受賞

尾鷲義人恋やどり』(1989年5月)

* 多岐川舞子『男灘』(1989年5月)

* 中村美律子河内おとこ節』(1989年6月)

* 美川憲一てんで話にならないわ』(1989年6月)

* 香田晋男同士』(1989年6月)

* オヨネーズ麦畑』(1989年8月)

* 石川さゆり『風の盆恋歌』(1989年6月)

* ピンクの電話血液ガッタガタPartⅡ』(1989年9月)

* 牧村三枝子友禅流し』(1989年11月)

* CHA-CHAぽろり物語』(1989年11月)

 

 

カテゴリ歌の一覧演歌 | 歌謡 | 音頭昭和時代 | 平成時代 | 1980年代の楽曲